Menu

アミノインデックス

Home

アミノインデックス検査

アミノインデックス検査とは?

医師

採血だけで複数のがんをスクリーニング。
アミノインデックス検査

アミノインデックスは、血液中のアミノ酸濃度を測定し、健康な人とがんである人のアミノ酸濃度バランスの違いを統計的に解析することで、現在、がんであるリスクを評価する新しい検査です。
この検査のメリットは、なんといっても検査方法が手軽で簡単な上に、複数のがんのリスクを調べられる点です。
特に早期の消化器のがんは、ほとんどが無症状です。そのため、多くの早期胃がんや早期大腸がんは自分では分かりません。ある程度大きくなって初めて腹痛や、便秘、下痢、下血などの症状が出現してきます。従って、自覚症状が無くても積極的に検査を受けることが重要です。

アミノインデックスの特徴

1. 血液中のアミノ酸濃度測定による全く新しいタイプの検査です。

2. 一度の採血(5ml)で、複数のがんを同時に検査できます。

3. 早期がんにも対応した検査です。

4. 採血による簡便な検査であり、健康診断で同時に受診できます。

アミノインデックスで分かるがんの種類と料金

男性 胃がん、肺がん、大腸がん、前立腺がん、すい臓がん
女性 胃がん、肺がん、大腸がん、乳がん、子宮がん(子宮頸がん・子宮体がん)、
卵巣がん、すい臓がん
1回 27,500円(税込)
がんのリスク
ランク分類 ランクA ランクB ランクC
AICS値 0.0~4.9 5.0~7.9 8.0~10.0
AICS(胃) 胃がん 1/3,200【0.3倍】 1/625【1.6倍】 1/98【10.2倍】
AICS(肺) 肺がん 1/2,963【0.3倍】 1/536【1.9倍】 1/111【9.0倍】
AICS(大腸) 大腸がん 1/2,000【0.5倍】 1/789【1.3倍】 1/122【8.2倍】
AICS(膵臓) 膵臓がん 1/3,478【0.3倍】 1/3,789【1.3倍】 1/86【11.6倍】
AICS(前立腺) 前立腺がん 1/2,222【0.5倍】 1/469【2.1倍】 1/156【6.4倍】
AICS(乳腺) 乳がん 1/1,509【0.7倍】 1/556【1.8倍】 1/250【4.0倍】
AICS(子宮・卵巣) 子宮がん・卵巣がん 1/4,000【0.3倍】 1/682【1.5倍】 1/86【11.6倍】
例えば、胃がんにおいて「ランクA」となった場合、がんである確率は1/3,200となり、同じ「ランクA」となった3,200人の中の一人の確率でがんである可能性を示します。「ランクB」では1/625、「ランクC」では1/98となり、「ランクA」「ランクB」「ランクC」の順でがんである確率が高くなることを示します。また、一般の方ががんであるリクスを1とした場合、胃がんにおける「ランクB」は、1.6倍、「ランクC」では10.2倍のリスクがあるといえます。(【】内の数値)。

アミノインデックス受診前の注意

血液中のアミノ酸バランスに影響を与える恐れがありますので、受診前に下記の注意事項をお守りください。

◆ 検査のための採血は、食事後8時間以上あけ、午前中に受診してください。
◆ アミノ酸のサプリメント、アミノ酸含有スポーツ飲料、アミノ酸製剤、牛乳・ジュースなども食事と同様に
 お控えください。
◆ 妊娠されている場合、アミノインデックス値に影響がありますので検査は受けられません。

ご予約はお電話からお願いします。TEL. 06-6553-1166

医療生協の機関紙『かけはし』9月号中塚所長の「健康への道しるべ」より

アミノインデックス

もう一つの「がん検診」: 「アミノインデックス検査(AICS)」について

皆さん、こんにちは。早くも秋の風が吹き始めている今日のこの頃ですが、お変わりないでしょうか。節電に苦しめられた夏の疲れが出る頃かもしれませんのでどうかご注意ください。
さて、今回のテーマはこの秋以降に当診で取り組んでいこうと考えている「新しいがん検診」のことです。これまで通常の豊中市市民健診などに付随して行われているものは、便潜血検査による大腸がん健診、胃透視による胃がん検診、採血データ(PSA)による前立腺がん検診の3つです。通常の市民健診には含まれませんが、組合員さん向けには胸部レントゲンで一応肺がんのチェックもしています。ただ乳がん、子宮がんに関しては、必要な検査ができないために当診では行えていません。
いずれも手軽と言えば手軽ですが、いずれも「出来はじめたがんを目に見える形で早期に発見する」のが目的で、「今がんである可能性がどのくらいあるかを知ること(リスクスクリーニング)」はできません。少し前から胃がんに関してだけは「ペプシノゲン検査+ピロリ検査」で胃がんのリスク検診を行っていますが他にはそういう検査がありませんでした。
今回準備している「アミノインデックス検査(AICS)」はまさにその「がんのリスクスクリーニング」を血液検査のみでしかも総合的に行おうとするものです。
人間の身体の多くはタンパク質でできていますが、タンパク質は「アミノ酸」という物質の集合です。そしてそれは血液中に1g存在していて、遊離アミノ酸プールと呼ばれています。このアミノ酸プールに含まれる20種類のアミノ酸は、健常者では一定の割合で存在するわけですが、身体が疾病状態になるとこのアミノ酸のバランスが崩れてきます。しかし20種類もの異常をパターンで理解するのはなかなか困難なので、「多変量解析」という統計学的手段を用いて数値化したものが「アミノインデックス(R)」なのです。
多くの研究施設の協力の元で胃がん、肺がん、大腸がん、前立腺がん、乳がん、子宮がんの患者さんのデータと健常を比較してこの数値(0~10)が出され、それにより「ランク判定」を行います。正常の人を95%正常と判断できるランク(ランクC)だと逆に真にがんの人での陽性率が20-50%と落ちますが、80%正常と判断できるランク(ランクBまたはC)だとそれが50-75%と高くなります。つまりこの検査値がそれぞれのがんについてランクBまたはCと出れば、そのがんが潜在する可能性が高く、次の検査を受ける価値が高くなると言うわけです。胃がんに関してはペプシノゲン検査よりも感度が良くなる可能性もあると言われています。
当診においては特に女性のがん、つまり乳がん、子宮がんに対して何もできていなかったというのがこれまで悩みのタネでした。そこへ踏み込むことができるようになったこと、それも含めて「今のがんの危険性を知る」ことができるようになるのが、繰り返しになりますがこの検査のもっとも有用な点です。
ただ、一番の難点は、検査会社でのこの検査の受託費用が高値なため、どうしても検査費用が高値になってしまうことです。とはいえ最近よく皆さんからお問い合わせのある、がんスクリーニングとしての「PET(ペット)検査」とほぼ同様の意味があり、しかもそれよりはずっと安価で検査の方法もお手軽です。一度説明会なども企画しようと思いますので、がんへの不安の大きい方は一度ご検討ください。